FC2ブログ

タカネブログ

ARIA・アマガミ・ネギま・声優情報・オーガスト・その他私が興味持ったことを書く総合ごった煮ブログです

ARIA The ORIGINATION 第09話『その オレンジの風につつまれて…』

<雑記>
何と録画失敗。スケジュール設定での録画なのに。
タイマーが何故かオフになっていた。何でだ!?
仕方ないので、ニコで視聴。そして、これがめっちゃウケタw。
お前らOPのスピラーレで寝るなwZZZZZZZZZZZZZZZZ
</雑記>

原作のNavigation55『黄昏時』 ついに来たね。待ってたよ。
話自体の感想は原作掲載時に気合入れまくって書いてるので
そちらをどうぞ。

ARIA Navigation55 『黄昏時』- タカネブログ

こっちでは、アニメで特に印象に残った点を書いていくかな。

アニメと言えば、第2期の最後で、アテナさんがアリスに
春になったらピクニックに行こうとか言っていたので、
シングルフラグキターっと第3期を待ち望んでいたものです。
あの時は、まさかシングルすっ飛ばしていくとは夢にもw。

・自分ルール
アテナがいる時はザ・ワールドとか自分ルールにしても
自分ルール過ぎるw。

・アリスの笑顔
アリスは本当良い笑顔するようになったなあ。
アニメも良いけど、ここは原作の笑顔が最高。

原作                             アニメ
       

・アテナさんの言葉

「大切なのは歌うことが好きだと言うその気持ち」

流石は私の嫁。良い事言った。

・アリスのカンツォーネ
おお。流石にアテナさんには及ばないが、アリスも
かなりカンツォーネ上手いな。広橋さんGJ!!です

・飛び級昇格
いや~、まさか両手共つるっといっちゃうとはw。
これはさすがにびっくりしたよな~。

・最年少合格
今までの最年少合格はアリシアさんの15歳。アリスも
ミドルスクール(今で言う中学っぽい)を卒業したてなので、
同じく15歳。タイ記録になるのかな。

・オチ泥棒
アリア社長おいしいとこ持ってくなw。
感動が台無しだよwww。

・ナイス作画


今回も作画良かったなあ。特に希望の丘の景色とか。
夕日と相まって、素晴らしかった。

・次回放送
「その お月見の夜のときめきは…」

あらすじからすると、Navigation45と56の
『お月見』と『3人娘』を合体させた話の様だね。
 
次回もでっかい楽しみです。
 

ARIA Navigation60 『水の妖精』

ついに最終回・・・。悲しくなんかないやい(´;ω;`)ブワッ

・タイトル
多分最後となるだろうブレイドを購入し表紙を見て、
ページをめくり、ARIAの表紙のタイトルを見て、
すごくぞくりとしたw。最後のタイトルは『水の妖精』
この最終回のタイトルは最初から決めていたんだろうね。

・郵便屋のおっちゃん
灯里って今まで郵便屋のおっちゃんの名前知らなかったんかいw。
そういや、コミックの裏表紙の漫画でもネタにされてたな。
一人になってしまった灯里を気遣い、ゴンドラの予約を
入れてくれた様だ。灯里愛されてるなあ。

・幸せの達人
何気ない日常から良い物を見つけ出すのが上手な灯里。
これって、ネオ・ヴェネツィアの素敵を紹介する
ウンディーネにとっては、かなり最適なスキルだよな。
郵便屋のおっちゃんの言う通り、灯里は立派な
ウンディーネになれるだろうね。

・かつてここにあった風景
朝開店しようとした矢先、部屋にアリシアや藍華や
アリスや仲間達の姿を見た灯里。それは、かつて
この部屋にあった風景。灯里が仲間達と過ごした風景。
ここはあの頃の楽しい思い出がいっぱい詰まってる部屋。
ヲイヲイ。このシーンせつな過ぎるだろ(´;ω;`)ブワッ

だけど、あの頃の楽しさに囚われて、今の楽しさが
見えなくなっては駄目。

あの頃は楽しかったじゃなくて、あの頃も楽しかった

じゃなくなちゃ駄目。私の大好きな話の一つ『オレンジな日々』
の名シーンが描かれて、ここでもゾクゾクしまくっちゃたよw。

その事を思い出し、店を開け、前向きに頑張っていこうとする灯里。
やっぱ、灯里は前向きな姿がいいなあ。この灯里の笑顔も凄く良いね。

・各々の近況
物語の最終回では恒例のシーンである近況紹介。
こういうシーンを見てると、本当に終わりなんだなと
悲しくなってくるなあ・・・。

・藍華:支店長として頑張ってるが、泣き虫は変わってない様でw。
・アル:どうでもいいが、20歳過ぎても背は伸びるもんなのか?
・暁:どう考えてももみ娘ストーカーですw。それは覗きだwww。
・アリス:アリスも根は変わってないようで嬉しいね。自分ルールとかw。
・杏&アトラ:まだ手袋をしてるのがせつない。昇格できなかったのかorz。
・アテナ:私の嫁(え って、オペラデビューとかw。すげえな。
・晃:可愛い後輩に目の上のたんこぶとか言われてるw。カワイソス。
・アリシア:何? この女教師w。しかも、人妻。やべえすげえ眼鏡が良い。

・メールの相手
そういや、最近メールして無かったよなと思いつつ、ページを
捲ってみると、化け猫ケットシー来たwww。
メールの相手お前かよw。あれか。マンホーム時代から
文通相手みたいな事をしていたって事か。つーか、ケットシーの方は
全部最初から灯里の事知ってて出てきたのか。それは卑怯だな。
『恋愛ジャンキー』でも同じ展開あったけど、それはバレタ時、
衝撃がすごいでかいぞ? まあ、灯里なら何とも思わないかもしれんが。

<追記>
後から読み直してて気づいたんだけど、この場面で
ケットシー以外に一般の人もPC画面?にてメールを
見ている様な描写があるね。これは、一対一のメールではなく
今で言うメールマガジンみたいなもんなのかね?
『もみ子。ウンディーネへの道!!』とかすてキングな
タイトルのメルマガに違いないw。アリアカンパニーの
新入社員とか結構な注目の的だっただろうしね。

・アクア暦
Navigation01『水の惑星』にて、地球暦でメールを打っていた灯里。
しかし、今話ではアクア暦を使った灯里。これは、身も心もすっかり
アクアに染まったって事を表しているのかな。そんな感じがした。

・アリアカンパニーへの新入社員
って、アイちゃんwww。無いだろうとは思ってたんだが、
アニメから逆移植来たか。まあ、最終回の展開を天野先生が
明かしてて、その伏線として、アニメでは登場させたのかもしれんが。

・灯里アリシア化
食事の風景や灯里の微笑から、2話のアリシア-灯里のやり取りが
リフレインされてきて、非常にほんわかしたw。つーか、灯里の微笑が
素晴らしすぎる。私の中ではアリシア越えたわ。色っぽくなり過ぎだろw。

・オール番号
物語上で灯里が使っていた番号は4番。アリシアは1番。
そして、最終ページのオールの番号は2番と4番。
という事は、アイの使用している番号は2番。
そういう番号にしたのは何か意図があるのかな?
2番とか永久欠番になってそうな番号だけど。
そもそも、アリシアの使ってた番号とかグランマ辺りが
使ってそうだけどな。1番とか。まあ、野球みたいに
永久欠番はないか?w


ああ。ついに終ってしまった。終ってしまうのは非常に悲しい。
だけど、この作品に出逢えて良かった。私の今の気分はこんな感じ。
こちらも私の好きな作品である『まほらば』よりのこの一説。

であわなければ、こんなつらくてかなしいおもいをしないですむのなら
それならだれともであいたくない こんなおもいをするのはもういやだから

だけど――

であわなければあんなにたのしくて あんなにしあわせなことはなかった

                  (まほらば第3巻 第13話「ハル」より)


天野先生。6年間もの連載お疲れ様でした。
総じて素晴らしい作品をありがとうございました。
 

ARIA The ORIGINATION 第08話『その 大切な人の記憶に…』

<雑記>
バードの名前をアテナさんにして『世界樹の迷宮?』をプレイ開始。
バードが前作に比べて弱体化され過ぎてて泣いた(´;ω;`)ブワッ
アテナさん残念ながらスタメン落ちです。
</雑記>



アテナ・私の嫁・グローリィ。アテナさん。可愛過ぎる。
どちらさまで?アテナさんかわえEEEEE(おちつけ

・嬉しそうなアリス
アテナとのピクニックに向けて、喜んで準備をするアリス。
何かもうドタキャンフラグ立ちまくりであちゃ~って感じでしたがw。

・エアピクニック
案の定、アテナに仕事が入りピクニックに行けなくなり、
部屋で『エアピクニック』を行うアリスwww。カワイソスw。

・ずっこけるアテナ
バナナで転ぶとか昭和でも早々見ないギャグ過ぎる。だが、
さすがは私のアテナさん。俺たちにできないことを
平然とやってのける! そこにしびれる憧れるぅ!

そして、それで記憶喪失とかwww。

・アリシアさんこええ
すぐにアテナの狂言に気付いてたと思しきアリシア。
アリシアこえええええw。アリシアなんて恐ろしい子!
そりゃ、アテナもアリシアの名前を言わざるをえんわw。

・どっきり大作戦
何と今回の記憶喪失は自分が愛想を付かされたと思い
不安になったアテナさんの

『第1回チキチキアリスちゃんの内心を
 覗いてみよう記憶喪失どっきり大作戦!!』


だったのだ(何 そりゃ、アリア社長もずっこけるわw。

・だって女の子だもん
アリシア「私達、水の3大妖精だって1人の女の子だもん」

すまん。何か笑ってしまった。アリシアさんじゅうきゅうさいネタを
勝手に脳内で絡めて、一人で笑ってしまったよw。
ん。誰か来たようだな。「げえ、アリシア!!」 その後、
タカネの姿を見たものはいない(意味不 何と言う死亡フラグ。

・アリア様が見てる
アリシアも自分に対して不安になるのか?と問う灯里に対し、
頬を染めるアリシアw。何か他の回でも思ったけど、頬染めるシーンが
第3期では多くないかい?w と言ったところから、このタイトルw。

・次回放送
「その オレンジの風につつまれて…」

原作のNavigation55『黄昏時』 ついに来たね。
ついについにアリスが○○に!!(一応伏せといた 
この話の後に残りの4話で締めに向かっていくって
感じになるのかな。次回も楽しみです♪
 

ARIA The ORIGINATION 第07話『その アクアマリンの瞳に・・・』

何かサブタイトル気に食わないんで、勝手に変えてみたw。
本当はARIA The ORIGINATION 第07話『その ゆるやかな時の中に・・・』

原作9件収録のSpecial Navigation『アクアマリン』の
アレンジ話。毎回同じ事を言ってるようだが、これも凄く
アニメで見てみたかった話。今回も楽しみにしてましたよ~。

・オープニング
前々から思ってたけど、オープニングの会話の藍華と
アリスの口調って、何か灯里を馬鹿にしてる口調に
聞こえるのは私だけ? 何かすげえ鼻につくんだが。

・余計な前フリ
う~ん。こういう事言うと原作信者うぜ~とか
言われそうだが、アレンジいらねえな。
しっかり『アクアマリン』の話だけを描いて
欲しかった。何か原作と比べてイマイチに
感じられてしまった。過去を振り返る形だったんで
仕方ないだろうけど、グランマの語り口調での
話の展開は何かちょっとなあって感じだったし。

・アリア社長が待っていたもの
まず、始めに秋乃さんかわえええ。きれい過ぎる。

丁度今のアリアカンパニーがある場所で出逢ったアリア社長。
私はそこでアリア社長が何かを待っているのかと思っていた。
そして、何を待っていたのか、原作でいずれ明かされるものだと。
しかし、もう次号で最終回。これは明かされないかもしれんね。
もしくは、前にも書いたが、やはり『灯里=アクアマリン』でok?

・大エースの抜けた姫屋
やばくね?w 今の3大妖精よりも遥かに上をいってた
だろう伝説の大妖精たる秋乃さんが抜けた事により
姫屋の経営状態が急激に悪くなったりとかもあった
んじゃないだろうか。そう。原作のARIAが終わり、
急激に部数が落ち込みそうなブレイドみたいに。

・縮み過ぎのグランマ
今回登場した若い頃の秋乃さんが30歳頃だとして、
今現在のグランマは50歳。20年位しか経ってないのに
このグランマの背の縮み様&老けようはなんなんだ?w

単行本10巻の表紙下でも公式にネタにされてた(↓)けど
謎過ぎるwww。さすがグランマ。伸縮自在か。
もしくは、アリア社長に生気を吸い取られたとも言う(え



・次回予告
次回は私の嫁アテナさん主役の『記憶喪失』キター。
毎回同じテンションなのは気にしない方向で。
そして、次回の放送は3時台。舐めてんのかw。
 

ARIA The ORIGINATION 第06話『その 素敵な課外授業に…』

原作のNavigation50『課外授業』の話。
今回も前編を通して、高クオリティ。スタッフさん
いつもお疲れ様です。今回も良かったです。

・こらこらむむむ
「こらこらむむむ」に吹いたw。

・私の嫁
さて、オープニングのプニ姿のアテナさん。めっちゃ
かわいすぎだろwww。つーか、どっちが先輩だよ。
そんで、落としすぎだよ。おばーちゃんか。お前は!

あと、後輩によく叱られてる先輩って・・・。
まあ、アテナさんらしくて良いけどさ。

・あらすじ
今話は一度も怒った事が無いというアリシアさんを
怒らせてみようとして返り討ちにあったアリスのお話(違

ムチャシヤガッテ・・・(´;ω;`)ブワッ

・は~ひ~


頬引っ張られてる灯里の「は~ひ~」連発がうけたw。
良い味出し過ぎだろ。あれイイナ。は~ひ~ループの
MADでも作ってみるかなw。つーか、今回デフォルメ姿が
ちょっと多すぎじゃね? まあ、私は好きだから良いけどさ。

・スネークアリス
アリシアをスネークしまくるアリス。一週間とか
ストーカー過ぎるw。そして、まぁ社長トラップが
酷すぎる。カウンターとかアリア社長可愛そうだろw。

・あらあら大仏
ストーカーがばれていて大ピンチのアリス。
自分がアリシアの手のひらで転がされていた
と知り畏怖するアリス。ムチャシヤガッテ・・・。



って、アリシアさんのあらあら大仏がキター!!
こういうの何ていうの? 3DCG化か? あれが
こんな風に映像化されるなんてw。

・アリシアのやり方
叱らず、褒めて伸ばすのがアリシア流。そして、
それで上手くいかなければ、自分も共に反省すると
いうアリシア。だって、自分もまだ未熟な人間だもの
とあらあらうふふなアリシア。

私的には怒らないまでも、ここが駄目だと指摘して
あげるべきでは無いかなとは思うが、一緒に失敗を
経験し、最後には一緒に喜びを分かち合いたいと
いう方法を選ぶアリシア。イイハナシダナー。っていうか、
アリシアさん。その考え方とても19歳にみえないw。

何というアリシアさんじゅうきゅうさい

そういや、某サイト。それが私の『殺り方』って言うなw。

・次回放送
第07話『その ゆるやかな時の中に・・・』
これは完全なオリジナル話かと思ってたけど
次回予告見たら、『アクアマリン』の話だな。
若い頃の秋乃さんいたし。流石に尺が足らないから
『アクアマリン』の話に少し付け足して、アレンジを
した話になるのかな? でも、それだったら、タイトルは

『その アクアマリンの瞳に・・・』

にして欲しかったな。すごく残念。
だが、最もアニメで見たかった話『アクアマリン』
毎回同じ事言ってるが、次週もすごく楽しみです♪
 
前のページ 次のページ