タカネブログ

ARIA・アマガミ・ネギま・声優情報・オーガスト・その他私が興味持ったことを書く総合ごった煮ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARIA The ORIGINATION 第11話『その 変わりゆく日々に… 』

<雑記>
今日はニコのは消されちゃってたね。TVの録画してあるから見れるが
お前らとOPのスピラーレで一緒に寝れないのは寂しいなZZZZZZZ
</雑記>

まずは、前回の発言はすまん。前回の感じだとあれで終わりかと
思ってたが、普通にちゃんと『3人娘』の話やったな。デスヨネー。
ここは普通削んないっすよね。失礼しました。そして、今回の景色が
晴らし過ぎんだろw。3期はいつも作画良いが、今回の景色はさらに
凄かった。スタッフさんGJ!!過ぎだぜ。

今回は原作の
Navigation57『薔薇の名前』+Special Navigation『3人娘』のお話。

・薔薇の名前
藍華のプリマ昇格直前の晃さんと藍華のお話。藍華の前向きの
姿勢が凄く良いね。以前の藍華なら、ここで落ち込みそうだけど
本当に成長したよね。

そして、藍華の通り名は『泣き虫セレナーデ』が良かった(何

※原作感想はこちら
ARIA Navigation57『薔薇の名前』

・3人娘
プリマになってから、忙しすぎて長いこと
灯里と藍華に会えず寂しがるアリスのお話。

灯里の

「会うためのきっかけも特別な理由もいらない」

「アリスちゃんだけで充分だよ」

のセリフが凄く良いな。そう。友達に会いに行くのに
特別な理由なんかいらない。ただ、会いたいから、
ただ、一緒に過ごしたいからという単純な理由でOK。

この灯里の言葉を受け、吹っ切れ、微笑むアリス。
もう大丈夫。そう。この3人ならでっかい大丈夫!!
このシーンがすごい好きだわ。

ただ、アニメではここが気に入らなかった。何故か名台詞の

「うんっ。大丈夫。この3人ならでっかい大丈夫!」



「この仲間ならでっかい大丈夫!」」

に改変しているのよね。こんな事する必要があったのか?
しかも、すごく微妙な変更を。先頭の「うん。大丈夫」
で想いを噛み締め、「この3人ならでっかい大丈夫!」と
再認識する。このフレーズ全て揃ってこそのこのセリフ。

何で後者だけにしてしまったのか。そして、セリフを『3人』では
なくしちゃったのか。何かこの改変はものすごく納得いかない。
改変する必要自体ないし、セリフに重みがなくなっちゃったしさ。

そして、声優さんももっと感慨を込めて、セリフを言って欲しかった。
私の勝手な主観だけど、上記の点と併せて、何だかすごく
安っぽくなっちゃって、全然感動できなかったよ。すげえ残念。
他が全て素晴らしかっただけに、この点がマジで残念だわ。

※原作感想はこちら
Special Navigation『3人娘』

・次回予告
第12話『その 蒼い海と風の中で…』との事で
 
原作Navigation58『遥かなる蒼』とARIA Navigation59『未来』
の話かな。それとも『未来』は最終話に回すのかな?
灯里のプリマ昇格とアリシアさん引退からフィナーレに
続くこの辺の話はきれいに纏めて欲しいね。スタッフさん
頑張ってくださいね。
 

コメント

ありあじおりじねいしょん今更だけど
平仮名にするとイミフです
見損ねてしまって ニコニコだったのですが、ローゼン麻生に吹いてしまいました……あえて閣下じゃないっていう
あれも もう 大分昔になりましたね

やはりベッキーじゃなくて、藍華の試験はやらない?……先生だぞ とか言わないかな言わないよな

因みに乙女プリンセスにつぼりました

……セリフ
取敢ず、さみしいよぅはループでいいけど
なぜはしょった、何故っ
他の人はどうでもいいのか?とか思っちゃったのか?スタッフよ
DVDでの修正を要求する


でも、理由がないと言うのはよく分かる
ないんです、それまではそんなものいらなかったのに急に必要に思えてくる


2周目に入ろうとしたら消されたorz
6:30頃の出来事でした(はえぇ

最後にアリスのお客の子供
はっきり言って ずるいな

長文失礼

  • 2008/03/19(水) 00:17:57 |
  • URL |
  • 高崎 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://takane0730.blog82.fc2.com/tb.php/372-f0f6e59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。