タカネブログ

ARIA・アマガミ・ネギま・声優情報・オーガスト・その他私が興味持ったことを書く総合ごった煮ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年私的いろいろランキング

 
アウグーリオ・ボナーノ!!
(訳:『あけおめ。ことよろ)

ARIA大好きっ娘としては、新年はやはりこの挨拶から。

初詣のお願いは、

『世の中の女の子が全て眼鏡っ娘になりますように』

だったタカネです。こんにちは。

はい。という訳で、やってきました2007年。猪年ですよ。
早いよねえ。もう2006年が終わって、新年なのかよ。
寒いの嫌いな私にとってますます嫌になるこの季節。
ああ。新年って事はこのブログもそろそろ1年か。早いな。

さて、2006年も終わったと言うことで、2007年の一発目。
元旦の記事は恒例の私的な何でもランキングをしてみる。
去年に引き続いて2回目なのだが、断じて恒例なのである。
しかも、去年はまだブログを始めてなかったし、mixi日記で
やってただけなんだけどさ。2005年のランキングはこちら

2006年の各ジャンルのベスト3とがっかり1をランキング。
これはあくまで私的な個人的なランキング&コメントです。
厳密に2006年の作品のみって事ではなく、私が2006年中に
出会った作品全てに対するものです。ちなみにランキングに
入ったからといって特に何もないです。また商品にアフィを
貼ったりとかあふぉな事をするものでもありません。
私の私的なランキングなんであまり気にしないでください(え

ああ、ちなみに2006年のネギま!10大ニュースとかですが

・ネギま!ちゃおりん編熱い&おもしれえええええ!!
・ネギま!関連メディアミックス総崩れ

の2個しかないので、参加できませんでした。

それでは、以下ランキングをどうぞ。

<アニメ>
1位:『ARIAシリーズ(ARIA The Animation・ARIA The Natural)』
→ハルヒを押さえ、ARIAが私の中でダントツの一位。近年ここまで
 良いアニメがあっただろうか。私的にこの作品はキャラに萌えてる
 とかじゃなく、その世界観がお気に入り。ほんわかマッタリとして
 ものすごく癒される感じ。これは胸を張ってお薦めできる作品です。
2位:『涼宮ハルヒの憂鬱』 
 評判を聞いて、第1話を見る。何この電波ソング?w
         ↓
 徐々に頭をその『恋のミクル伝説』が蝕んでいく
         ↓
 第2話でようやく話がわかり、次第に嵌っていく
         ↓
 その後、アニメに盛大に嵌る
         ↓
 アニメ終了後、小説を全部買い(ネタバレ嫌だったので)
         ↓
 み・み・みらくる♪ みっくるんるん♪ ←今ココ

 今年世間的には一番話題になったこの作品。私も例に漏れず
 はまりましたよ。何と言っても京アニの作画が素晴らしかった。
 まあ、何故かAirやKanonの京アニ絵は受付けないんですけどね。
 アニメの出来が良かったので、嵌った後もネタバレをさけて、
 小説を買うのはアニメ終了後にしましたよ。良い作品でした。
3位:『xxxHolic』
→ツバサがつまらないので、CLAMPには興味持てず見てなかったんだが
 アニメを見てみたら、大ハマリでコミック全巻揃えちゃった。
 ストーリー・キャラ・作画共に良く、かなりの良作でした。
4位:『ゼロの使い魔』
→前評判を聞いて見たら、これも大ハマリ。原作を全巻そろ(ry
 アニメは6話位まではかなりの良作。しかし、次第にグダグダに。
 戦争関連とかあんなに端折っちゃって、2期が決まったらしいが
 どうするんだろう? だが、前半部分だけで4位にランクイン。
5位:『ウィッチブレイド』
→これも前半は良かったが、次第に後半グダグダに。2クールの
 作品だったが、1クールで簡潔に纏めていればかなりの良作になったのでは。
 非情にもったいない。しかし、4位に同じく前半部分は凄く良かった。
キャベツ:『夜明け前より瑠璃色な』
まだアニメ化されてません:『ネギま!?』
→作画しか取り柄がなかったのに、風の噂ではその作画も崩壊だとか。
 もうどうしようもないじゃん。設定・ストーリーは糞だし。
 2クールやるとか時間の無駄じゃねーの? 良い意味で。
 
 原作のちゃおりん編のあの熱い展開をアニメで見られる日は来ないのか?

<アニメ-各話>
1位:ARIA THE Animation 第11話『そのオレンジの日々に』
→これは良い話だった。マジ泣きそうになった。後半の
 挿入歌『シンフォニー』が流れ出す頃なんか(´;ω;`)ブワッ
 その第11話だけyoutubeよりピックアップ。知らない人が
 いきなり見てもわからんとも思うが、まあ見てみてくれ。

ARIA THE Animation第11話-1
ARIA THE Animation第11話-2
ARIA THE Animation第11話-3

2位:涼宮ハルヒの憂鬱 第02話『涼宮ハルヒの憂鬱?』
→登場人物・世界観の紹介が主な話だが、この回でハルヒの世界観に
 グッと引き寄せられてしまった。冒頭のキョンの語りがGood!!
3位:無し

<漫画>
1位:『ダイヤのA』
→久々に面白い野球漫画。甲子園ものって良いよな。
 甲子園を目指した者としてはもうわくわくだよ。
 まあ、目指しただけで、野球部には入ってないが(え
 そして、クリス先輩かっこいい。ウホッ。って、バカ!
2位:『魔法先生ネギま!』
→やはりネギま!。これがなければこのブログもやってなかったしね。
 最近は萌えだけじゃなく熱い展開もある燃える萌え作品。最近の
 ちゃおりんとの対決が私の望むガチの魔法を打ち合う純粋な魔法
 バトルで決着したのも良かった。(拳法はいらない派)
3位:『デトロイト・メタル・シティ』
→ヤングアニマルは元々購入雑誌だったので、1話から読んでて大爆笑
 だったんだけど、まさかここまで流行るとはw。さすがクラウザーさん。
 「出たー。クラウザーさんの1秒間に10回レイプ発言だー!!」
3位:『ARIA・AQUA』
→アニメに続き漫画も当然ランクイン。声があるアニメの方が
 私は好きだが、漫画も凄く良い。絵も良いし、話的には
 この原作の方が良い。アニメは尺の関係で無理に延ばしてる
 ところもあるのよね。という訳で、この原作もかなりお薦め。
 「出たー。アリシアさんの一秒間に10回あらあらうふふ発言だー!!」

<ゲーム>
アクション好きな人にはこの3作品ともめっちゃお薦め。
1位:『モンスターハンターシリーズ』
  (モンスターハンター2(PS2),モンスターハンター・ポータブル(PSP))
→今年は両方併せてかなりの時間プレイ。迫力のある絵・動き。
 私がアクションゲームに目覚めた神作品。過去から通しても
 一番嵌った作品だな。PSP版の方は会社でも大流行。昼休みや
 就業後に4人で協力プレイ。いい年した大人が何やってんだwww。
 今のところPS3に興味は無いが、モンハン3が出たら買ってしまいそう。
2位:『ガンダムバトルロワイヤル』(PSP)
→2位もアクション。ガンダムは1stしか知らないんだけど、同僚に
 薦められて買ったら大ハマり。ってか、現在進行形で嵌り中。
 世間的にもガンダムゲーではかなりの良作で評判が良いらしい。
 ロードが少し長め以外は世界観・絵・動き共に文句のつけようのない良作品。
3位:『極・魔界村』(PSP)
→3位もアクションかよw。あの魔界村シリーズの最新作。モンハンで
 アクションに目覚め物色してプレイしてみたら、その難易度に驚愕。
 しかし、プレイをしてくにつれ、次第にクリア出来る様になっていく
 絶妙の難易度が良かった。
がっかり1:『ネギま!3時間目~恋と魔法と世界樹伝説~』
→ふ~。やれやれだぜ。何?あのつまんないゲーム。
 一応これもアクション?だけどもw。つまらん。
 最後の砦のこのゲームまで(;´Д`) 駄目だこりゃ。
がっかり2:『ARIA The NATURAL 遠い記憶のミラージュ』
→期待感がでかすぎたのでがっかり。声や作画や原作シーンの
 再現とかは良いのだが、ストーリーが(;´Д`) 
 私的には、ネギま!1時間目の昼休み放課後パートみたいに
 ネオ・ヴェネツィアを自由に歩けて、原作の様々なシーンを
 追体験できるとかキャラと触れ合えるとかそういうゲームが
 したかった。あと、アリア社長視点で動けてぷいぷいにゅとか。
 非情に惜しい感じのゲーム。残念。

<PCゲーム>
1位:『はぴねす!りらっくす』
→本編のファンディスクなので全員デレデレ。その中でも
 あのドスの聞いた声でおなじみの伊吹が。伊吹が。
 だが、それが良い(え おまけの麻雀の出来も良かった。
2位:『処女はお姉さまに恋してる』
→アニメを数話見て興味を持って、PC版をやる。しかし、
 一旦原作をやるとアニメが駄作に思える程の良作。
 特にアニメの奏の声が(;´Д`) お気に入りキャラは紫苑様。

     ∩゛
( ・Д・)ノ  ジーク・シオン!! ジーク・シオン!!
  ⊂ノ 彡

3位:『ToHeart2 XRATED』
→コミケ69でたま姉の同人誌を大量に絵買いし、嵌って
 ゲームを購入という珍しいパターンw。結局1年間で
 たま姉・このみ・ささら・愛佳の4人しかクリアしてねえw。
 面白いんだけど、中々時間とれず。新作発売までには
 クリアしないとな。それにしても、貴明のへたれっぷりには
 正直反吐がでる。こいつがもう少しまともならがんがん
 進められるんだろうけどな。次はうーまか双子か。

<歌>
1位:『シンフォニー』(牧野由依-ARIA THE Animation挿入歌)
→上記のアニメ-各話の第1位のシーンでの挿入歌。元々歌自体も
 素晴らしいが、ぴったりのシーンでの使われ方でさらに
 私の中ではベストソングに。正直あのシーンで流れてきたら
 グッとこない方がおかしいぜ? ↑のリンク先で視聴できます。
2位:『Midnightmagic』(StudioK2-Rozen†Kreutz『福音は謳う』主題歌)
→ネギま!同人ゲームの主題歌。体験版を少ししかやってないんだが
 その主題歌にはまる。女性ボーカルの歌声とエヴァンジェリンを
 モチーフとしたと思しき歌詞(違うかも そして、良質のサウンド。
 同人サークルの歌でここまで良い曲があろうとは。CD買ったし。 
3位:『God knows』(涼宮ハルヒの憂鬱挿入歌)
→これはアニメとは思えない高クオリティの曲でしたね。
 曲の始まりとギターサウンドがかっこいい♪ 現在めっちゃ
 ヘビーローテだし、カラオケでは毎回歌うね。上手くはないが。
3位:『切なくてラビリンス』(PS2ゲーム ネギま!3時間目ED曲)
→曲も良く静様の歌声も良い。ネギま!3時間目は糞だったけど
 この歌が付いてたことだけはGJだ。
がっかり:『1000%すぱあきんぐ』
→ハピマテの後継者として期待したが何アレ?(;´Д`)
 セリフとかセリフとかセリフとか。大体OPで流すのに
 そのセリフVer使うとかあふぉとしか思えん。しかも、
 世間的にもめちゃめちゃ評判悪いし。やはりアニメの
 OPはラブ☆センセイションにするべきだった。

<小説>
1位:『涼宮ハルヒの憂鬱』
→やはり今年はこれかね。私はアニメ→小説と入ったくちです。
 最初はむかついてたんだけど、次第にハルヒの傍若無人ぶりが好きにw。
2位:『ゼロの使い魔』
→原作の方はかなりルイズがエロいなw。2期はくぎゅにあのセリフをば。
3位:『フォーチュン・クエスト』
がっかり:『新ロードス島戦記6巻』
→20年にも及ぶ連載の終わり方にしては物足りなかった・・・。
 ロードス島シリーズはやはりロードス島伝説が最高。

<サイト・ブログ>
1位:『ヤマカム』
→テニプリの正しい楽しみ方を教えてくれたサイトさん。
 格闘ギャグマンガとの事。ボーボボと同じらしいw。
2位:『オレハムロンハダカダX』
→あの高クオリティの絵で高い更新頻度は素晴らしい。
 描く女の娘が非常にかわいい♪
3位:『マンガ☆ライフ』
→一番見ているニュースサイト。ネギま!だけに限らず
 いろんな情報を扱っているのと辛口なのがお気に入り。
3位:『ぷらずまだっしゅ!』
→ハヤテのごとく感想のお気に入りブログ。感想が非常に面白い。

<同人サークル>
1位:『ファイヤーワークス』
→このサークルのさよ×あさギャグ本が大のお気に入り。
 さよの壊れっぷりが非常に面白いw。
2位:『Tiny Feather』
→描く女の娘が非常にかわいい。このサークルの描く
 たま姉はかわいくて破壊力あり過ぎですw。
3位:『うつらうららか』
→ちゅるやさんのサークル。非常に笑わせて貰いました。

<同人誌>
同人サークルベスト3とほぼ被ったけど気にしない
1位:『妄想少女幽霊系』(ファイヤーワークス様) 一般
→さよ×あさ!ギャグ系。かなり面白い。
2位:『Complex』(Tiny Feather様) 18禁
→たま姉がかわい過ぎ。Best of たま姉同人誌!!
3位:『ろくろく』(低予算サークル様) 一般

<セリフ>
1位:『急にボールが来たので』(鹿島アントラーズ・柳沢敦)
→2006W杯での完全ドフリーのシュートを外した際の衝撃の言い訳。
 いや言い訳にもなっていないんだけどさw。これにはびっくりしたわ。
2位:『ジェバンニが一晩でやってくれました』(DEATH NOTE・ニア)
→約2年半の連載を全て台無しにする一言。何? その腐れ結末(;´Д`)
3位:『と、とにかくっ!今ここで私で興奮してください』(月は東に日は西に・野乃原結)
→結先生(;´Д`)ハァハァ

<声優>
2強去年と変わらず。
1位:『猪口有佳』
2位:『伊藤静』
3位:『佐藤利奈』
3位:『松岡由貴』

<キャラ>
1位:『向坂環』(ToHeart2)
→たま姉最高!!(中の人も含む)
2位:『朝倉和美×相坂さよ』(魔法先生ネギま!)
→このコンビが好きだ。いや、性的な意味じゃなくて。
 百合ものはむしろ嫌いだがこの2人だけは好きだw。
3位:『十条紫苑』(処女はお姉さまに恋してる)
→ジークシオン!! 貴子さんも捨てがたいがやはり紫苑様。
 紫苑様がすげえかっ…。「かっ?」(解る人だけわかるネタ)

<何でもワースト3>
1位:『ネギま!関連メディアミックス総崩れ』
→原作以外は駄目駄目でしたな。最後の砦のPS2ゲームまで(;´Д`)
 もうネギま!は原作以外は期待しないことにしました。それが利口だ。
2位:『2006年W杯の中村俊輔』
→俊輔ラブの私としてはあの出来にはがっかりでした。しかし、体調の
 戻った今シーズンは国内リーグ・チャンピオンズリーグで大活躍。
 アジアカップ・2010年W杯他での大活躍をめっちゃ期待。
3位:無し

以上、2006年私的いろいろランキングでした。
という訳で、2007年。皆さん今年もよろしくなのですよ~。
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://takane0730.blog82.fc2.com/tb.php/182-6ff84bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔界村

魔界村『魔界村』(まかいむら)(英表記はGhosts 'n Goblins)は、1985年にカプコンから発売されたアーケードゲームで、横スクロールアクションゲームである。概要8方

  • 2007/01/24(水) 11:26:37 |
  • アスカの部屋

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。