タカネブログ

ARIA・アマガミ・ネギま・声優情報・オーガスト・その他私が興味持ったことを書く総合ごった煮ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギま!考察『フェイトの真意とその正体』

すげー久々の考察。229時間目を読んで感じた事を元に考察してみた。
229時間目自体の感想はまた明日別途に書きますわ。

・フェイトの真意
229時間目にて、のどかのアーティファクトで明らかになったフェイトとナギは相打ちで
あったと言う事実。しかし、それにも拘らず、生きているフェイトとナギ(アル曰く)

この事から、20年前の大戦でナギが2代目フェイト(※1)を確かに倒した。
しかし、倒した際に、何らかの呪法や魔法具等で、フェイトに取込まれた。
もしくは、その体を乗っ取られたという事が考えられるのではないだろうか。
(※1:フェイトの本名が『テルティウム=3番目』と言う点から
   現在のフェイトが3代目のフェイトという事ではないかと推測)

あれ。何だっけ? どっかの作品であったよな。こんな展開。
ああ。そうだ。少し考えて思い出した。かの名作『ロードス島戦記』だ。

灰色の魔女『カーラ』じゃないか!

本人はサークレットに宿した精神としてだけ存在し、自分を倒した相手の体を乗っ取り、
支配し、五百年もの長き間を生き長らえ、世界の均衡を調整してきたカーラ。

これって、そのままフェイトに当てはまらないかな?

数百年を生き、20年前の大戦では南北間の戦争を仕掛け、今回も各国勢力間の牽制を
誘発させ、戦争が起きる様に煽っている。しかし、フェイトの目的は、世界を救う事だと言う。
そして、自分と敵対する事は世界の守護者となる事だと。

これは、

真の平和は白(正義)にも黒(悪)にも染まらず、灰色である事。
世界は一つの力を頼りにしてはいけない。その崩壊の時に
大破壊が起きるから。世界は常にバランスが保たれていなければ
ならないと言う考えの元に世界の均衡の天秤を調整し続けた
カーラの真意と一緒だと私には思える。

・フェイトの正体
そして、前に武道会でアルがエヴァに対してナギについて言っていたこと。

『生きてはいるが、かつての姿では存在していない』

これは、レイリアがカーラに乗っ取られた時に大ニースがマーファ神から受けた啓示である

『生きてはいるが、存在しない』

そのままではないだろうか。この点と上記の真意から、フェイトはまさにカーラと同様に
自分を倒したナギの肉体を乗っ取り、支配したのではないのか? ただし、フェイトの
体が少年の体である事を考えると逆に、ナギの精神を取り込み、ナギ自身の肉体は
石化等で封印されていると言う事も考えられるかもしれない。

この2点から考えるとフェイトの正体・真意はかなりカーラと一致していると私には思えた。
何かオラ書いてて、すげーワクワクしてきたぞ。でも、これが当たりだったら、かなり
洒落にならないパク(ryな気がするw。まあ、ハズレの可能性の方がでかいけどさ。
次回以降の展開が非常に楽しみ。期待大ですね。
 
スポンサーサイト

ネギ鬼畜伝説!!

<雑記>
さからーった寺と坊主は残らず~♪
焼☆き☆討☆ち☆が現在大HIT中。
お久しぶり。タカネです(挨拶
久々な考察なのに相変わらず
あふぉなのは気にしない方向で。
ハレ晴レユカイ~Ver.戦国の三傑~ - ニコニコ動画
</雑記>

前々から思ってたんだが、ネギってわざとやってね?
寝ぼけたふりとか、お姉ちゃんに間違えたふりとか
世界樹に操られたふりとかして、セクハラしまくり。
あれは間違いなくわざと。裏で夜神月みたいな顔で
絶対「計算どおり!!」って悪い顔してるよ。

まあ、そんな中でもお姉ちゃんに間違えたふりして、
キスするのはそもそもどうなのかとは思うが。だが、
一応ネギは外人だしな。挨拶代りにする事もあるのだろう。
そこは、日本人と外人の感性の違いになるのかな。

さて、以下にネギの罪状を挙げてみた。ちなみに、全ての
罪状を挙げている訳ではないので。あしからず。

・くしゃみのふりをして、スカートめくり(01時間目)
・くしゃみのふりをして、アスナをクマパン(01時間目)
・くしゃみのふりをして、アスナをノーパン(01時間目)

→アレはみんなくしゃみだとか思ってるけど、実は
 そう見せかけた無詠唱の風魔法。これ豆知識な。
 修学旅行まですっとぼけてたけど、ネギは最初から
 無詠唱魔法使えたんだよ。できないように見せて
 おいた方が都合良いから、隠してたんだよ。うん。

・寝ぼけたふりをして、アスナのベットに忍び込む(01時間目)
・寝ぼけたふりをして、アスナのベットに忍び込みキス(78時間目)
・寝ぼけたふりをして、アスナを脱がして××(72時間目)
・寝ぼけたふりをして、千雨にキス(180時間目)




→これは、酷い。しかも、宿泊初日から行くとわ。
 流石鬼畜ネギ。なかなかやるな。

 しかし、ここで疑問なのが、何故2段ベットの下にいて、
 位置的にも性格的にも潜り込みやすいであろうこのかを
 スルーして、 わざわざはしごを上って、アスナのベットに
 忍び込んでいるのかという事。

 そう。これは皆さんの察しの通り、このかのベットにも
 潜り込んでいるんだよ。だけど、このかはアスナみたいに
 騒いでないだけ。いや、その性格的にネギに脅されて・・・。
 そう、このかも散々ネギにはセクハラされているが
 泣き寝入りしているだけなんだよ!! なんだっ(ry

・フロが苦手なふりで・・・(03時間目)
→ばっか。これもわざと決まってるだろ。「仕方ないな。
 お姉ちゃんがお風呂に入れてあげる」プレイを
 狙ってるに一億と二千万年前から決まっています。

・授業中に亜子とあわわわプレイ(18時間目)



→このやろう。俺の嫁にまで・・・。見るからに
 気の弱そうな亜子に狙いを定めて、言葉攻めプレイを
 楽しみやがったな。ちくしょう。何て羨ましい。
 私も亜子に言葉攻めしてえ(何

・刹那ににぎにぎ(29時間目)
→せっちゃんとにぎにぎプレイかこのやろう。

・身代わりのふりして、夕映を押し倒す(37時間目)
→身代わりの札を使った振りして、アレは全員ネギ本人ですよ。
 もちろん夕映を押し倒したのも本物ネギ。ばれた瞬間に
 煙幕はって逃げましたが何か?

・こけたのどかと偶然しちゃった風で(37時間目)
→え? みんなには見えなかった? のどかがこけた瞬間に
 瞬動で落下地点に移動したネギを。

・フェイトのセクハラに憤るネギ(46時間目)
→ネギ「このやろう。アスナに手を出していいのは俺だけだ。
    許さないぞ!!!」とダーク・シュナイダー風な感じで。

・仮契約にかこつけて、刹那と(47時間目)
→ぶっちゃけ刹那はあの場面で仮契約必要無かったよな。
 結局何も仮契約の力使わなかったし。後から判明したけど
 むしろ、魔法力供給と気は相反して邪魔になるとかだったし。
 ネギはこの事はわかっていたけど、チャンスとばかりに
 敢えて知らないフリして、やりやがったな。
 まあ。でも最終局面で召喚するのに役立ったか。

・石化してやばそうなふりをして、このかと(52時間目)
→実は何ともなかったのに、石化にかかったのをこれ幸いに
 やばいふりをして、このかの仮契約を誘ってたんだよ。
 実はよく見ると薄目明けて、様子伺ってるから。

・世界樹に操られたふりをして、アスナを失神KO!!(85時間目)



→K-1もびっくりのKO劇。まあ、あれも当然世界樹の
 魔力で操られてなんかいませんよ? チャンスとばかりに
 暴走している体で、のどアスを襲ったそうです。

・大観衆の前で高音を・・・(106時間目)
→使い魔を服として纏っているのを見抜き、敢えて
 気絶させ、公然剥き剥きプレイ。

・間違えたふりをして、エヴァの風呂を除く(137時間目)
→エヴァのシャワーシーンを覗くとは。その後は
 どう見ても本番だよな。カモの位置がきわどいしw。

これは酷いwww。ネギやり過ぎだな。まさに鬼畜道。
どう考えても伊頭ネギ作先生です。ありがとうございました。

 
ネギま!考察 - カテゴリ
  

ゆーなはやっぱり魔法使い!?



当ブログ最多となる4度目のキャラ考察のゆーな。
何かゆーなには書きたくなる魅力があるのよね。

175時間目にて、魔法先生の一人であるやさ眼鏡こと
明石教授の娘なのがついに判明したゆーな。
ただここで前から疑問に思っていた点が一つ。

明石教授=魔法使い?ってこと。

学園祭中に何人かの魔法先生が出てきていますが
剣士である刀子先生を除き、他の先生は魔法使いと
思われる描写があったが、この明石教授だけはない。
そういったシーンどころではなく、一切戦闘シーンに
出てこないのだ。学園祭のクライマックスも麻帆良の
中央司令室みたいなところにいたし、戦闘要員じゃなく
魔法関係者であっても魔法使いではないのだろう。
教授というだけあって、参報的な立場になるのかな。
まあ、学園祭じゃネギが全て計画を立てており、
全く役に立たなかったけどね。あとは174時間目で
フェイト関連の調査をしていたようだし、諜報も
兼ねてるのかもしれないね。


その為、174時間目以前はあの眼鏡がゆーなの父親では
あってもゆーなが魔法使い(素質があるって事)とは
直結しない。いや、むしろ無いだろうと思っていた。



だが今週の174時間目の感想にも書いたが、ゆーなの
幼少時代の描写があったがあったけど、その中で
初心者用の魔法の杖を持つ幼女ゆーな。そう・・・。

幼女ゆーな(;´Д`)ハァハァ

もとい

ゆーなはやっぱり魔法使い!!

と言うことらしい。まあ、見習いもしくは
途中で辞めたものを魔法使いという分類の中に
含めればだが。含めなくてもゆーなにはやはり
魔法の素質があったということだろう。

だがこの場合、明石教授が魔法使いである可能性が
低い以上、回想に出てきたゆーな母が魔法使いと
言う事になる。わざわざ、回想シーンで魔法の杖を
持つゆーなを描いた以上、それがおもちゃでしたでは
通らない。ゆーなには母から受け継いだ魔法の素質が
あるのだろう。もしや・・・。

謎は全てとけた!!

そうか。ゆーなのあの驚異的な成長は膨大な魔力を
持ちながら、魔法使いとしての制御方法を教わって
いなかったので、魔力が暴走して、魔力を貯蓄できる
様な感じに胸を成長させたんだよ!! なんだっ(ry

あの乳タンクからして、
ゆーなの魔法容量は絶大だ!!


あれ? このか? うん。このかって極東最強の魔力を
持っているんだよね(by ヘルマン) けど、このかって
普通に貧乳だよね・・・。うん。何でもない。

さて、ゆーな母の消息だが、175時間目の1ページ目の
幼女ゆーなとの写真。明石教授がずぼらな一人暮らしを
している様子。ドネットさんのゆーな母と友達だった
という過去の事発言からして、ゆーなの幼い頃に
亡くなっているのだろう。

そう。そして、この母親が亡くなったというのが、
ゆーなが現在魔法使いでないという事の理由に直結
すると思われる。幼い頃から既に魔法使いの教育を
初歩的とは言え、受けていたと思われるゆーな。
自分と同じ様に将来はいっぱしの魔法使いへと
育てようと思っていたのだろう。だが、この母親が
何らかの理由で亡くなった。おそらくは魔法絡みの
事件か何かで。そして、そんな母親の様にしたく
なくて、明石教授がゆーなの記憶を消す等をして
魔法使いとして育てるのを辞めた。そんなところだろう。

という訳で、自分に魔力がある等と知らず、現在は
魔法使いとしては一切修行等をしていないゆーな。
私は前から書いてる通り、運動部4人組には魔法バレ
は無いだろうと思っていたんだけどな。だが、一般人
だと思っていた運動部4人組も怪しくなってきたなあ。

魔法使い・不自然な傷&アルビノ・人魚か河童・バカと
実は全員魔法関係者だったとか普通にありそうになって
来たな。流石にもうこれ以上は魔法バレとか安易には
増やして欲しくないんだけどね。さて、その辺は
どうなるのか。赤松スタジオのお手並み拝見だね。

参考:ネギま!キャラ考察 - 出席番号02番『明石裕奈』
参考:ゆーな履いてない伝説!!
参考:ゆーなの成長日誌♥
 
ネギま!考察 - カテゴリ
 

ゆーなの成長日誌♥

けしからん。実にけしからん。
ゆーなのおっぱいがけしからん。

3-Aで一番の成長株と言えばゆーな。
173時間目では見事な育ち具合を披露して
くれたゆーな。しかし、ネギの赴任当初は
あんなに胸がでかくなかったはず。
そう。2~3ヶ月で育ち過ぎなのだ。
一体ゆーなに何があったんだ?w
というわけで、この約半年で育ち過ぎた
ゆーなの成長日誌♥をどうぞ。

画像が多いので続きを読むからどうぞ。
 
  【“ゆーなの成長日誌♥”の続きを読む】

再考察 早乙女ハルナ 『落書帝国』

再考察というかハルナの能力について最近出てきた情報を
追記&再構成してみただけである。何故この記事だけ
そんな事をするかというと、ハルナは大好きだし、
この考察自体も私が一番お気に入りの考察だから
もっとより良いものにしたいからである。なので、
前に見てくれた人は見なくてもいいかもしれない。
元記事が7割・追記が3割位な感じになるかな。

仮契約して以降、ハルナの活躍がめざましい。
そのアーティファクトもハルナ自身もかなり
使える感じで、ファンとしてもうれしい限り。
バトルでも度々の活躍で、ついには、くーふぇと
一緒に敵を足止めするという大役まで!!

そんなハルナの便利なアーティファクトの
『落書帝国』の能力について纏めてみよう。
ちなみに、『落書帝国』を使用した際の作品中の
描写等から私が提唱した仮説等も含まれます。

1.基本性能



ハルナのアーティファクト『落書帝国』 帽子・エプロン・
羽ペン・スケッチブックのセット。クラスは召喚絵師。
まずは、『落書帝国』の基本的な能力はこの通り。



スケッチブックに描いた絵が具現化できるという
ハルナにぴったりなこの能力。ハルナの驚異的な
描写速度(千雨談)と併せることでかなり有用な
能力となっているようである。

2.書き溜めてあった絵の具現化



153時間にて、予め書き溜めてあった大量のカモの絵を
具現化して囮とし、ピンチを防ぐという場面がありました。
これまでの描写だけでも『落書帝国』は有用な能力でしたが
その場で描いたものが具現化されると思ってましたので
絵を描く余裕の無いピンチの際は使い勝手が悪いなとか
思っていましたが、これが覆されましたね。

一度に大量の具現化も可能という事の様で、今回の様に
予め大量に書き留めておく事で、おとりや目くらまし等で
緊急なピンチの際にも即時対応可能だし、絵を描く際に
どうしても生じてしまう隙がなくなるという事で、これは
かなり使える能力だということが判明しました。

3.再利用性



先の考察では『再利用性(仮説)』としていましたが
やはりこの能力は再利用が可能であるとのこと。、
事前に書き留めた絵の具現化、並びにその絵の再利用が
可能な優れた能力のようですね。これは資源の節約が
可能な環境省も絶賛のエコ能力ですね。何て地球にやさしい(え

4.再生可能回数&時間


↑のスケッチブックの囮カモ君のページに文字が崩れてますが、
「再生可能回数」・「再生可能時間」と書いてあります。
スケッチブックに記載のゴーレム毎に再生可能な回数&時間が
設定されている様で、その再生可能な回数以内なら再利用が
できるって事みたいですね。流石に使い放題とはいかないか。

172時間目のくーの言葉では再生可能時間は20秒。召喚物によって
再生時間は違うだろうが、平均時間としてもそんなもんだろうね。
なので、バトル中ずっと召喚しっぱなしで戦うというのは無理で
状況に応じて、召喚し直さなければならないという事になるだろう。

という訳で、再利用性はあるが制限性もあるという事ですね。

5.召喚物との関連性



VS くー戦。ハルナの召喚したゴーレムが始めて攻撃を
受ける描写がありました。それによると、召喚したものが、
攻撃を喰らうとハルナ自身もある程度のダメージを受ける
らしいですね。この辺はよくあるファンタジー物の召喚魔法等
とは違うようですね。召喚物とは一心同体って感じなんだろう。

考察4・5の『落書帝国』の能力制限に関する言及。今までの
戦いでかなり強力に描写してしまったハルナの能力にある程度の
制限を加えたって感じなんだろうね。

6.オプション機能
ハルナ曰く、まだ『落書帝国』には改良の余地があるとの事。
そして、まだ試していないオプションがあるそうな。今までの
能力描写だけでもかなり有能だったのにさらに強力になる
可能性があるのか。そういや、今まで仮契約をした中で
『落書帝国』の能力が一番描写され、明らかになってるよな。
使い勝手も良いし、赤松先生もいろいろ描きやすいのかもね。

7.描画レベルに応じた能力(仮説)
これは前にも書いた完全な私の仮説。術者の書いた絵の
出来如何により具現化した"もの"の性能が変わるのでは
ないだろうか。対ケルベロス戦では、渾身の出来!!と
銘を打った上であの能力。わざわざこのセリフをハルナが
言っていたのはそういう設定である事の前フリである気が
する。言い換えれば、術者が絵さえうまければかなり高性能の
ゴーレムが使役可能であると考えられるが、どうだろうか。

8.応用編
以上の様な全能力をフルに利用したのが、囮カモ君大行進!!



予めスケッチブックに書き留めてあった大量のカモを具現化し、
囮として、量産型茶々の時空転移弾を防いだ場面である。あの場に
ハルナがいなければネギパーティーは壊滅していた恐れもあり、
ヒーローもといヒロインインタビューものの活躍である。

ケルベロス戦で見せた咄嗟の判断と覚悟。そして、VS 茶々姉妹での
時空転移弾への対策に対する着眼点。このアーティファクト共々
ハルナ自身もかなり有能。172時間目他で出てきたこの能力の制限性は
あるが、それを差し引いてもバトルでも活躍できるキャラであろう。
アーティファクト『落書帝国』共々どんどん活躍して欲しいものです。

参考:考察 早乙女ハルナ 『落書帝国』

ネギま!考察 - カテゴリ
 
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。